棗の拝見

次客に会釈をしてから棗を目の前に置いて、両手を畳につけながら全体を見ます。それから、肘が膝のあたりに来るほどまで姿勢を低くして、左手を添えながら右手で蓋を取り、膝のあたりまで持ってきて両面を拝見します。

拝見が済んだら、蓋は本体の右側に置いておき、次に本体の方を両手で持ち上げて、全体を拝見しましょう。この時、中の茶の拝見も忘れずにし、本体を拝見するときは茶の形が崩れないように、傾けたりしてはいけません。

最後は観察し終わった本体部分を置き、蓋をしてから次客に送ります。

茶杓の拝見

基本的な拝見の作法は棗と同じですが、見所やマナーが少し異なります。茶杓は薄茶器の抹茶などを、茶碗に移すときに使う道具で、全体や、裏表を拝見するときは竹の質感や櫂先をよく見てみましょう。

また、拝見するときは真ん中にある節から曲がっている櫂先の部分までを触ってはいけません。