HOME道具の拝見から退出まで > 茶入の拝見

茶入の拝見

濃茶を入れる陶器で、模様はありませんが釉なだれと呼ばれる釉薬の流を鑑賞することができます。また蓋は象牙で出来ています。

茶入を拝見するときはまず、正客は次客に一礼をして、全体を拝見したら蓋をとります。左手で本体部分を支え、右手で蓋をつまんでとったらその両面を拝見し、本体の右に表を上にして置いておきます。そして、本体の色や形、釉なだれなどを拝見しますが、この時に茶入の底部分である土見には触れてはなりません。最後に本体を見終えたら蓋をして、次客に送ります。

仕服の拝見

拝見するときは全体を眺めてから、手にとって細やかなところを拝見しますが、仕服は布で出来ており、古いものもあるので決して粗雑に扱わないようにしましょう。拝見し終わって次客に送る場合は、輪になっていない方の打ち止めが左側になるようにして送りましょう。