HOME受付から席入りまで > 身支度をして寄付へ

身支度をして寄付へ

茶席に入る前に、まず茶会の受付で茶券を見せて身支度を整えましょう。用意した替えのソックスに履き替えて、風呂敷に持ち物を包んで受付に預けます。貴重品は預けず、帯のあいだに挟むようにして持ち歩きましょう。和服でない場合は、貴重品をハンカチに包み、茶席に必要なものと一緒に古袱紗などに入れます。

受付で身支度を整えると、寄付という場所で茶席に入るのを待ちます。寄付は茶会によって部屋が用意されていることもあれば、庭で立って待つということもあります。

静かに待つ

寄付で待っているとき、茶席ではお茶を立てているのですから、静かにしていなければなりません。近くの方と会話するときも、内容や声の大きさには気をつけましょう。お茶では風流や作法を重んじているので、寄り付きであってもマナーを大事にしてください。

おすすめ