薄茶

一般的には抹茶と呼ばれている泡立てたお茶のことで、薄茶を頂くときは以下の手順を踏みます。

まず、亭主側が茶碗を運んできて一礼するので、こちらも一礼します。続いて、茶碗を右手で持って次客との間に置いて会釈をし、茶碗を膝前に持ってきて、亭主へさらに一礼します。それから、左の手のひらに茶碗をのせて、右手を添えて軽く引いたあと、茶碗を右面を持ちながら右向きに2度回して、茶碗の正面が左に来るようにします。左の親指はたてるようにし、右手は伸ばして揃え、茶碗を支えながらゆっくりと口に持っていきます。

薄茶は3口ほどで味わってのみ、最後はお茶が残らないように、音をたたても良いので飲みきります。

男性の場合

男性はお茶を飲む作法は女性と変わりませんが、女性ほどの細やかさは求められません。茶碗を回す時も一度で回して良いですし、お茶も3口じゃなくて2口で飲んでも構いません。粗野にならず、マナーを守っているなら、多少のおおまかさも認められます。