HOME茶のいただき方 > 楽茶碗 ~袱紗なし~

楽茶碗 ~袱紗なし~

濃茶で袱紗が添えられていない場合にお茶を頂くときは、まず正客が濃茶の入った茶碗を出されて一礼し、茶碗を次客との間に置くと、客全員で総礼します。総礼とは全員が一緒にする礼のことです。総礼が終わると、左の手のひらに茶碗をのせて少し引き寄せ、正面が左に来るように右まわしします。それから自分が飲む分だけを3回ほどにわけて飲みますが、一口目を飲んだときに亭主が「お服加減いかがでしょうか」と聞いてくるので、「けっこうでございます」と右手で畳を付きながら会釈して答えましょう。

飲んだあとは茶碗を膝前に起き、懐紙などで飲み口を拭いて、茶碗の正面が手前になるように回して直し、両手で持って次客へ手渡しします。

楽茶碗 ~古袱紗あり~

古袱紗を添えられて濃茶が出されたときは、正客が古袱紗の上に茶碗をのせてから、お茶を飲むときも、飲み口を拭くときも、次の客に渡す時も、末客が飲み終わるまでは古袱紗に乗せたままです。末客は飲み終えると茶碗だけを膝前に置き、古袱紗は二つ折にして下座におきます。