濃茶

薄茶のように泡立っておらずとろみのあるお茶で、正式な茶事で飲まれることが多く、作法も格式が高いので難しいです。

濃茶の作法の特徴は二つあり、一つ目が飲み回しをするということです。薄茶は一つの茶碗に一人分のお茶しか作られませんが、濃茶の場合は一椀に作られたお茶を何人もが分けて飲みます。

もうひとつの特徴が飲み口を拭いて次の客に渡すというところで、濃茶を飲むと飲み口に飲んだ跡が残ってしまうので、懐紙など様々なもので拭きます。

古袱紗

濃茶は一杯のお茶に多人数のお茶を作るので、薄茶よりも茶碗が熱くなりやすいものです。そのため、濃茶が出されるときは袱紗と呼ばれる布が添えられており、その上にお茶をのせていただきます。

袱紗はその寸法によって古袱紗と出し袱紗に別れており、また、その使い道も流儀によって様々で、場合によっては使用されないこともあります。