HOME菓子のいただき方 > 菓子鉢

菓子鉢

主菓子が出されるときには、何人分かを鉢に盛って、取り箸と一緒に出されることが多いです。菓子鉢は膝前の畳のへりを挟んで向こう側に置かれますが、菓子をいただくまでにいくつかの基本動作があります。

亭主側が菓子鉢を運んできて、普通の礼をしたら、こちらも同じように一礼します。次に亭主側が「お早めにおとりください」というので、正客から順番に箸を取り始めます。菓子鉢に触る前に、「お先に」という気持ちをこめて次の客とお辞儀をしあったのち、器の下側を両手で持って、低く持ち上げるようにして引き寄せます。

それから器を元の位置に戻して、懐紙をわさが手前に来るようにヘリより内側の膝前に置き、菓子を取ります。その時、右手で箸を取り、左手は菓子器にそえて、手前の菓子を懐紙に取りましょう。

最後に懐紙の前方の角を折って、箸を挟んで綺麗にして菓子器に戻したら、器の下側を持って次客へ送って終わります。

次客以下だったとき

自分が次客以下だった場合、前の客が菓子を取っている間に、次の客への会釈を済ませておきます。また、末客であった場合は次の客がいないので礼の必要はなく、代わりに菓子を取り終えたら器をヘリの外へ返して、器を取りに来た亭主側の人に普通の礼をしましょう。

おすすめ