HOME茶会に行く前 > 身近になったお茶の道

身近になったお茶の道

利休の死後、利休の子孫たちによって茶の道は広められていきます。後に三千家と呼ばれる「表千家」「裏千家」「武者小路千家」の3つの家元も、この子孫たちによって生まれ分けられました。

それまで戦国大名などの大名や上流階級の家の者しか茶を嗜んでいませんでしたが、利休の教えで子孫たちが茶を広めたことによって、江戸時代になると茶は大名や上流階級の家の者だけではなく、一般大衆にも広く親しまれるようになりました。

そして長い時が過ぎ明治になってから、初めて女性の教養として茶が取り入れられるようになりました。今では結婚のための習い事としてもあります。

また、学校の部活にも茶道部という部活が生まれ、日々茶の練習をし、定期的にお茶会が開かれています。