茶会に参加してみる

お茶を習っていない方にとって、茶会は縁遠いもののように感じるかもしれません。しかし、格式の高い茶事ではなくて、大寄せ茶会などのお茶を習っていない方でも気軽に参加することができる茶会があります。茶会に参加するのにどんな準備が必要で、当日はどのような流れで進むのかを知っておけば、初めての方でも安心して参加することができます。茶会での動き方や、菓子や茶のいただき方の基本を頭に入れておけば、拙くても周りの客がフォローしてくれますから、難しく考える必要はありません。茶会に参加されたことのない方は一度、気軽に行ける茶会を見つけて参加してみてはいかがでしょうか。

茶会に参加するときは、その茶会の内容にあった和服か洋服を選んで着ていきます。懐紙と楊枝、扇子に袱紗とそれらを入れる袱紗挟みなど、茶に使う道具は専門的なものが多いので、事前に揃えておきましょう。初めての方には馴染みがないかもしれませんが、席主へのお祝いを用意しておくのも忘れてはいけません。茶会は風流を重んじ、礼儀や思いやりを大切にする場所ですから、参加する人はそういう気配りを忘れないようにして楽しみましょう。

当日は受付で荷物を預けて寄り付きで待つと、いよいよ茶席へと席入りします。茶席では席入から退出まで、一つ一つの動き方、菓子や茶のいただき方などの作法が決まっているので、できれば事前に覚えておいて、前の客に習っても良いので作法を大事に出来ると良いです。もし知り合いに誘われて参加した場合などは、茶会が終わったあと、その人に後礼を述べるのも忘れてはいけません。茶会に参加する方は、礼儀や思いやりの精神も含めて、茶会を気軽に楽しむのがいいでしょう。